コストカットしたいなら中古バスがオススメ【手入れの手間が省ける】

ダンプカーを購入する

ダンプ

価格だけで判断しないこと

荷台部分が可動式となっていて積んだガレキや砂利などを自動的に降ろすことができる建設現場で大活躍のダンプカーですが、ダンプカーを購入するとなると2tの中古ダンプでも100万円はくだらないですし、大型になると1000万円を超えるものが多いです。簡単に買いなおしが利かないアイテムなので、購入の際には後悔しないためしっかり選ぶことが大事です。ダンプカーを安く購入するのであれば中古ダンプを購入することですが、ただ値段だけで判断して選んではいけません。中古ダンプは市場に溢れるほど出回っていますが、ただでさえ車両への負担が相当かかるものですから、選ぶ際には整備を含めた安全面も考慮しなければなりません。中古市場に出回っているものの中には整備もされずにそのまま販売されている中古ダンプもありますので、信頼と実績のある中古販売店で購入することです。選ぶべき販売店として挙げられるのがディーラー系販売店か、トラック専門販売店です。ディーラー販売店は保証面とアフターフォローに関しては万全です。それに対してトラック専門店はディーラー店に比べて車両も豊富で価格も安いですが、保証面やアフターフォローではディーラー店には劣ります。中古ダンプの車両整備にかかる費用のことを考えればディーラー店の方が安心できますが、トラック専門店でも販売実績の高いところを選ぶことで購入後のトラブルに見舞われるリスクは少なくなります。評価や口コミなどで信頼できる販売会社であるかを確認しておくと良いでしょう。